育毛剤

育毛剤の効果とリアル体験談

 

育毛剤については全てと言っていいほど使い込んだ。そんな俺が育毛剤について語りたいと思う。

 

多くの育毛剤ランキングサイトで見られる育毛剤の数々。こういった育毛剤ランキングサイトを作っているサイトオーナー達ははっきり言って99%以上が育毛剤を使っていない。本当に育毛に悩んでいる人の気持ちがわかっているかといえば俺には疑問だ。

 

俺は育毛剤については調べ上げているし、かなりの量を使っている。おれ自体がハゲに悩まされた一人だからだ。そんな俺が育毛剤の真実について語ろうと思う。

 

 

M-1育毛ミスト。言わずと知れたキングオブ育毛剤だが・・・

 

一番最初に紹介したいのM-1育毛ミストである。どこの育毛剤比較ランキングサイトや口コミサイトでも、大体上位に置かれている育毛剤だ。

 

よくこれをステルスマーケティング(自作自演)で紹介をしているためにランキングが高いのだという話が見受けられる。

 

特に2ちゃんねるなんかでそれが書かれている。しかし私は真実を知っている。別にこの会社はステルスマーケティングなどしていない。実際、俺もM-1育毛ミストとは提携しているが別に特段そんなことをしている会社ではない。

 

実際に関係者と話をしたこともある。おれが感じたのは育毛剤を作る姿勢が素晴らしいということだ。育毛剤を販売しているのはサラヴィオ化粧品という会社だ。

 

別にこのサイトは育毛剤を褒めちぎって育毛剤を買ってもらおうなどという意図はさらさらない。ただ真実だけを伝えたいのだ。

 

M-1育毛ミストは育毛業界の世界会議でも最優秀賞を受賞している育毛剤で、酵素という一件分かりにくい成分であるが医薬品にも認定されているため、その効果が認められているということである。

 

そして、通常であればアルコールやエタノールを使っていない育毛剤は劣化する可能性があるため、薬部外品認定など通常はされないのだ。しかしM-1育毛ミストはその認定では業界でも異例なことだが認められた。これは世界最優秀賞を取って日本国自体が期待をしているということもあるのだと思う。

 

実際に使ってみると本当に水のようにサラサラ。はっきり言ってふさふさになるという育毛剤ではない。しかし抜け毛の減少は口コミでも多くの人が感じているところだし産毛が生えてきたという口コミは非常に多い。私自身もそれらの効果はあったと感じている。薄毛の初期段階であるという方にオススメしたい育毛剤である。

 

 

多くの人が効果を知りたいだろう育毛剤ブブカ

 

最近多くのサイトで紹介されているのがこの育毛剤。関係者から聞いてる話だがブブカは他社Web サイトに多くの報酬を支払って育毛剤市場での認知を図ったということである。

 

しかし別にそのこと自体はどうでもいい。別にコマーシャルとしては一般的なことだ。問題は成分が良くてそれが本当に効くかどうかである。

 

こちらも口コミを見てる限り評判は良い。2ちゃんねるなんかでも悪評などほとんどない。強いて言えば、ブブカは他の育毛剤のOEM 商品であるため、自社で開発して育毛剤ではない。その点が時々叩かれてしまうが、元の育毛剤の成分が優れているのだからそれもはっきりいってどうでもいい事だ。

 

この育毛剤を使ってみて大きな問題があるとすると中に入っている量がどれくらいなのかわからないし、どのくらい使ってるのかもいまいちはっきりしない。

 

この育毛剤は1本で30日の使用が出来ると書いてあったが、10日で使い切ってしまった。

 

クリアボトルでもないので使っている量が分からないし、M-1育毛ミストのように一回につき10から15のプッシュといった決まりもない。そのうえ値段も高いので、コストがものすごく掛かってしまうというところがこの育毛剤の難点だ。

 

使い方の説明資料にも量について記載はされていないため、これは反復購入を狙っての販売者側の作戦なのではないかと、うがった見方もしてしまう。しかし、成分については優れていると言える。

 

 

薬用ポリピュアEX。最近影が薄いが根強い人気。

 

これも昔からある育毛剤で約20年近く研究がされているバイオポリリン酸を使った育毛剤である。

 

M-1育毛ミスト同様に酵素を使っている育毛剤であり、いまいちその成分に効果があるかどうかがはっきりしない。

 

毛母細胞と毛乳頭の活性化という常識では考えにくい領域に挑戦している育毛剤である。こちらの育毛剤も口コミを見てる限り評判は良い。

 

こちらも一時期使用したが、私にはM-1育毛ミストが合っていたように思う。使い心地も悪くないし、効果もあったと思う

 

 

何を根拠にM字専用と言えるのか? 薬用プランテル。

 

最近、M字型専用の育毛剤として薬用プランテルという育毛剤が販売されている。こちらはM 字型と言っているが、ほとんどM 字型もO型ハゲも根本的な問題は同じなので、M 字型専用という育毛剤という定義は微妙なところである。

 

強いて言えばM 字型ハゲの方が悪玉男性ホルモンの影響は強いのでそこを抑制できるのであればM 字型ハゲ専用という内容にも納得がいかないこともない、ただしそれであればブブカも悪玉男性ホルモンの抑制をメインとした育毛剤なのでM字型育毛剤と呼べないこともない。

 

どちらかというと、薬品を使うことに抵抗がないのであればM 字型ハゲの人はプロペシアを使った方が効果という点で言えば高いだろう。ちなみに俺はM字ハゲではないのでこの育毛剤を使っていない。

 

あまりにも最近多くの育毛剤サイトが紹介していたので、薬用プランテルもここで紹介したが、要するにブブカや下で紹介しているリバイボゲンと狙いは同じ。悪玉男性ホルモンの抑制をする育毛剤だ。

 

別に個人的にはM字専用でも何でもないと思う。もしM字専用だという決定的な根拠があれば販売会社の方から是非連絡をもらいたい。

 

 

リバイボゲン。世界中で成功者続出は魅力

 

これは最近日本でも活発に販売されてる育毛剤だ。リバイボゲンは海外の育毛剤であり、成分は抜群に優れている。悪玉男性ホルモンの抑制をするノコギリヤシの配合だったりその他の成分についても優れている。

 

海外ではリバイボゲンを使って薄毛を卒業したという声も多い。リバイボゲンの一番のメリットはその価格の安さだ。3本で1万円程度で、1本で1ヶ月使えるので1ヶ月当たり3000円くらいだ。他の育毛剤の3分の1程度というのはかなりお得。

 

私は結局最後は生活習慣の改善が一番効果が出たが、現在私の友人が使用中で効果は上々とのことだ。この値段で効果が上がるなら次回薄毛のサイクルが来た時には是非使いたいと思っている。

 

 

まとめ

 

ここでは有名な育毛剤を5つ紹介した。やはり個人的には育毛剤では何となくパッとしないという思いがある。なんやかんや一番効果があったのはAGAクリニックでもらった育毛剤だ。

 

これらは医薬品なので発毛剤と言った方が良いかもしれない。もし育毛剤を使うのであればM-1とブブカだ。金銭的には掛かるがリスクは少ない。更にコストを抑えるならリバイボゲンをおすすめしたい。

 

副作用のリスクを覚悟で、それ以上に髪を生やすことが大事なら、やはりプロペシアとミノキシジルだ。ただし、必ず医師に相談してから使うようにしよう。現状では育毛剤を使った育毛でできることはここで挙げたことのいずれかの選択肢になるだろう。

更新履歴


プロフィール

最新記事